イベントレポート


オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/Fallにブースを出展しました

2015/12/25 19:06 に Nozomi Ito が投稿   [ 2016/01/02 1:22 に更新しました ]

オープンソースカンファレンス2015(2015/10/24-25)にブースを出展してきました。
他にもたくさんのコミュニティのブースがあってやや埋もれがちでしたが、がんばって宣伝してきました。
運営のみなさま、お疲れ様でした!

会場の明星大学。
明星大学

ブースの様子。今回もSeleniumのデモを流しました。
ブース

紅葉の季節だったのでおまけ。
紅葉





AWS Summit Tokyo 2015にブースを出展しました

2015/06/07 20:07 に Nozomi Ito が投稿   [ 2015/12/23 2:24 に 戸田広 さんが更新しました ]

AWS Summit Tokyo 2015(2015/6/2-3)のデベロッパーカンファレンスにブースを出展してきました。
「Seleniumは知っているがコミュニティの存在は知らなかった」という方に多数お越しいただけたので、コミュニティの認知度向上につながったのではないかと思います。
運営のみなさま、お疲れさまでした。

当日のブースの様子。Seleniumの紹介スライドとデモを上映しました。

今回はステッカーも配布しました!

AWSクッキー
AWSクッキー





Developers Summit 2015 に、オフィシャルコミュニティとして参加しました

2015/02/22 16:53 に Nozomi Ito が投稿   [ 2015/02/22 20:52 に更新しました ]

Developers Summit 2015(2015/2/19-20)に、今年もオフィシャルコミュニティとして参加してきました。

こちらがコミュニティLTのスライドです。大変ご好評をいただきました。

今年はコミュニティLTのみで、ブースはありませんでした。

コミュニティステッカーも用意しました(あんまり配れませんでしたが)。
Seleniumコミュニティステッカー

ステッカーは、次回イベントなどでも配っていきたいと思います。

「第2回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会」を開催しました

2014/11/27 21:35 に Nozomi Ito が投稿   [ 2015/01/12 2:47 に 戸田広 さんが更新しました ]

2014/10/18、日本語初のSelenium書籍「実践Selenium WebDriver」の著者・翻訳者である
玉川竜司さん・玉川紘子さんをお招きして、第2回の勉強会を開催しました。
後半では大手Web企業での活用事例も発表され、日本でもSeleniumの普及が進んできたことを感じさせました。

スライド


当日の様子


Developers Summit 2014 に、オフィシャルコミュニティとして参加しました

2014/02/15 16:53 に Nozomi Ito が投稿   [ 2015/01/12 2:42 に 戸田広 さんが更新しました ]

2014/2/13-2/14に行われたDevelopers Summit 2014に、オフィシャルコミュニティとして参加してきました。

ブースでは、SeleniumとAppiumのデモを行いました。
Seleniumを既に使っている方から、これから利用しようとしている方まで、たくさんの方にお越しいただきました。
Appiumについては、まだまだ知らない方も多いようでした。

コミュニティLTにも登壇し、Seleniumとコミュニティについて宣伝して来ました!


ブースの様子
コミュニティブース


ブース運営メンバー(映ってない方ごめんなさない)
ブース運営メンバー


リーフレットも作成しました。
リーフレット


コミュニティメンバーより、差し入れが!
お菓子

2月13日 「【13-D-7】デブサミ2014 コミュニティLT - Story」で発表しました!
【13-D-7】 デブサミ2014 コミュニティLT - Story

コミュニティLTのスライドです。

そして2日目は何と大雪に。。
大雪


運営のみなさま、お疲れ様でした。
ブースにお越しくださった方、どうもありがとうございました!


「第1回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会」を開催しました

2014/02/10 0:49 に ユーザー不明 が投稿   [ 2015/01/11 23:11 に 戸田広 さんが更新しました ]

2014/1/18、記念すべき第1回の勉強会を、初代Seleniumの作者Jason Huggins氏をアメリカから招いて行いました。
当日は100人近い参加者が集まり、Seleniumに対する関心の高さをうかがわせるものとなりました。

スライド

Selenese Runner ができるまで from IWAMURO Motonori

1-6 of 6