翻訳記事‎ > ‎

モバイルのWebDriver

2014/02/11 8:17 に Nozomi Ito が投稿   [ 2016/03/25 9:47 に更新しました ]
[翻訳] 伊藤

WebDriverのAPIは元々はWebブラウザの自動化のために誕生したのだが、この数年間でモバイルデバイス上でも動作するように拡張されてきた。Appium、iosdriver、Selendroidなどのプロジェクトが、このアプローチがとてもうまくいくことを示した。Webにおいては、Selenium WebDriverをある1つのブラウザ(たとえばFirefox)で使い始め、それを他のブラウザ(たとえばInternet ExplorerやChrome)に切り替えることは容易だ。モバイルでも同様に、Androidの自動化フレームワークから他に切り替えられたら、それは素晴らしいことだ。

Selenium3の開発の一環として、私たちはappiumiosdriver間、appiumとselendroid間の相互運用性を確実なものにするためのテストスイートの作成に着手した。作業を始めるにあたり、各ツールの主な作者たち、Marionetteプロジェクト(Mozillaによる、FirefoxとFirefox OS向けのWebDriverの実装)を代表してDavid Burns、Seleniumプロジェクトを主導するSimon Stewart、といった人々が、ロンドンのMozilla HQにある小さな部屋に2日間閉じこもった。彼らは各プロジェクトでバラバラの領域をすり合わせ、確実な相互運用を可能にする方法について合意した。血と涙は最小限にとどまったが、困難な作業がたくさんあった。

その2日間の議題がこれだ。議事録もある。

こうしている間にも、Google CodeのSeleniumプロジェクトレポジトリにホストされた共有のテストスイートで、作業は始まっている。どうぞ自由に参加して欲しい!


Comments